世界で最も貴重で、幻のコーヒー「コピ・ルアク」

この商品の販売は 終了いたしました。

世界で最も貴重で、幻のコーヒー「コピ・ルアク」

自家焙煎珈琲専門店 かほりでは、インドネシアのジャコウネコの糞から生まれた世界で最も貴重なコーヒー「コピ・ルアク」を取り扱っております。

コピ・ルアクとは?

ジャコウネコ

コピ・ルアク(インドネシア語ではKOPILUWAK)とは、ジャコウネコの糞から採れる未消化のコーヒー豆のことで「コピ」はインドネシア語でコーヒーを意味し、「ルアク」は現地のマレージャコウネコの呼び名です。ジャコウネコが赤く熟れたコーヒーチェリーを餌として食べ、果肉は消化されますが、種子にあたるコーヒー豆は消化されずにそのまま排泄されます。その中からコーヒー豆を取り出し、綺麗に洗浄して天日干しした豆がコピ・ルアクです。コピ・ルアクは「ジャコウネコの排泄物から集めた世界一高価なコーヒー」として1995年度にイグノーベル栄養学賞を授与されました。